基本的に設立手続きは「まるなげ」です

 会社設立は税金だけで20万円以上かかります。このような買い物が単純なわけがありません。と考えがちですが、そんなことはありません。手続きは簡単なのです。社長様にとって重要なのは会社設立後の会社運営です。

 弊社は「まるなげ」が原則です。書類作成について、ご説明し、郵送して電話でファックスで説明いたします。ご希望の日にあわせることもむずかしいことではありません。定款はその位置づけについてご説明します。株主総会の開催などについては、税務上ご説明が必要になるかもしれません。役員報酬の関係です。ただし、もしよくわからなかったとしても何の意問題もありません。会社設立後、必要となるときはそのとき再度私どもでご説明いたします。

 次は何をいつまでにしてくださいとご連絡いたします。押印などになりますが難しいことは何もありません。皆様何の問題もなく会社設立をしています。会社設立の手続き=法律用語などは知識として興味のある部分と思います。そのときはご説明いたします。しかし、もっとも重要なのは設立後の会社運営です。定款第何条にある文言は通常経営に必要になりません(売上高2、3億円以下の会社の場合)。定款の内容について知らなくてよいというわけではありませんが、社長様からの聞き取りによって適した内容をもりこむことができます。社長様にとって最も重要なのは、会社設立後の営業、運営になりますので、会社設立手続きは専門家に「まるなげ」が最適だと考えます。

▲このページのトップに戻る