できるだけお手数をおかけしないで正確な集計をいたします!!

 格安会社設立センター埼玉・東京の特徴は、会社設立後の費用の安い記帳代行と税務の確定申告にあります。会社設立が安くても、その後の税理士費用が高いのでは全体は高くなってしまいます。または、その後の経理を会社でやってほしいというようなことになれば、会社の業務に専念したいのにできなくなります。

(1)会計ソフトを購入する必要はありません。

(2)会計ソフトへの入力は当事務所で行います。

(3)2か月ごとの損益報告を試算表という形で行います。

(4)担当者に相談することができます。

(5)直接お話したいときには、大宮・川口・久喜の事務所で職員に相談することができます。

(6)当事務所でファイリングをします。領収書を並べ替えたり、貼り付けたりする必要もありません。

★そして毎月の顧問料がありません。

格安 記帳代行 税理士にまるなげOK! 

 弊社の特徴は料金が明確で安いことです。料金については料金表をごらんいただけましたらと思います。さらにもうひとつの特徴は、領収書や通帳のコピーを送るだけで、毎月会計事務所でファイリングし・弥生会計に入力し試算表を送付する、まるなげ経理代行をしていることです。通帳のコピーの送付のほか、こちらで用意してありますエクセルデータに通帳の内容をご入力いただくか、インターネットバンキングをご利用の場合、取引明細をCSVデータでダウンロード後、取引のメモを入力または別途メモをしていただく方法もございます。

 社長様が本業に集中するにより利益をあげていただきたいので、このようなシステムを採用しています。

 また、毎月の経理が必要ないという社長様のために、毎月の経理料金が生じない、年間まとめて決算申告もおこなっています。経理コストを最小限に抑えたい社長様向けのサービスになります。

 なぜこのような低料金でできるのか?ひとつは税理士試験を受験している方などで、女性の方など時間が男性のように取れない方を積極的に採用しているからです。事務所での経理作業は男性より、どちらかというと女性向きの仕事といえます。細やかな作業と専門知識をもったスタッフがいることで、低料金で十分なサービスを提供できる状況を整えています。美人の女性スタッフが経理の担当者としてサポートすることで社長様の経営も向上するものと思います。

 もうひとつは事務所が埼玉の北のほうにあるからということです。東京やさいたま、川口などに比べ事務所維持費がかからないということがあります。でも楽ではありませんが。

 弊社は専門のスタッフが経理の代行をしますので、社長様に経理上のお時間や知識を必要としません。よって、会計上のご質問はあまりでてこないことになります。税務上の取り扱いなどで迷ったときなどは、電話やファックスなどで担当者が解決いたします。

 記帳代行サービスですので、原則として弊社からお客様へお伺いするサービスは別途料金がかかることになります。しかし、直接お会いして話さなければならないほど複雑な取り扱いが生じることは、私の経験から2年に1度あるかないかだと思います。つまり、この方法で低料金と会計事務所として十分なサービスをご提供できると考えています。

 なお仕訳数に応じて料金が変わるという終わってみないと料金が分からないという不明瞭な料金体系を取っていませんのでご安心ください。記帳代行込、法人税務申告、納付書、いっぱんてき税務相談がセットになっている明瞭な年間費用です。

 埼玉県には久喜市と大宮駅西口徒歩7分に支店があります。東京は池袋駅北口徒歩4分のところに支店があります。記帳代行なのでお会いする必要はあまりありませんが、社長が顔をみながら担当者と話がしたいときは最寄りの支店で打ち合わせもできます。

記帳代行・経理代行の流れ


☆ お客様からは「ガソリン代」「電車代」「仕入」「外注費」「接待交際費」などに分けていただいた領収書と「通帳のコピーに売上・仕入・給料・外注費などメモをしていただいたもの」をご郵送いただきます。

通帳のコピーの代わりに、こちらで用意してありますエクセルデータに通帳の内容をご入力いただくか、インターネットバンキングをご利用の場合、取引明細をCSVデータでダウンロード後、取引のメモを入力または別途メモをしていただく方法もございます。

会社設立後は忙しい社長に仕事に集中してもらうために記帳代行をおこないます。社長が家に帰ってから記帳するのでは休む時間が無くなるし、経理が得意な分野ではないのですからストレスになってしまいます。記帳代行込でも毎月の支払いがない「3か月ごと集計コース」が費用が安くお薦めです。

 

 

お母さん貼り付け.jpg 

☆ 弊社でファイリングいたします。

 

 

 

 

ファイルA.jpg☆ ファイリングしたものです。

  これをもとに入力担当者が会計ソフトに入力いたします。

 

 

 

P9240072.JPG

 

☆ 入力した一覧料「仕分日記帳」です。入力漏れがないかこの一覧表で付き合わせし完成させます。

 

 

 

ファイル@.jpg☆ 入力が終わったものは、決算が終了しましたら、税務申告書と一緒にお客様にご返却いたします。

 

 

 

 

ファイルB.jpg☆ 法人の決算申告書です。国・都・県・市への申告書一式をファイルし、お届けいたします。

 

 

経理代行をするとき、お客様に郵送していただくもの

 下記のような方法で経理代行を進めさせていただいております。

 年間まとめて決算コースの場合は、2か月に1度ご郵送いただいております。年間まとめてとは料金の算出が年間売上からということで、集計を年間まとめてするということではありません。もちろん社長からご希望があれば、年間まとめてでも、年に2回にすることもできます。資料が少ないので2か月ごとでは面倒というお客様もいらっしゃいます。

 いただきました資料から2か月分を集計し試算表を作成します。試算表はPDFにしてメールで送付足します。試算表を見て疑問がありましたら担当者にご相談ください。税金がどのくらい出るかとか、税金が出るならどのようなものを購入するとよいかとか、節税商品など一般的な経理に関することでしたら経理担当がお答えさせていただきます。

 直接お会いして話がしたいというときは、さいたま事務所、久喜事務所、池袋事務所に来て頂きますとご対応できます。またスカイプを使用できる方で直接同じ資料を見て話がしたいというときはスカイプ対応も対応いたします。

 2か月ごとの集計で数字を把握すれば十分経営に反映できます。記帳代行と2か月ごとの集計とご相談、決算と税務申告がセットになっているコースが一番人気です。必要なことを盛り込みお客様のお手数をできるだけ省くという内容です。

1 領収書は貼り付けないで結構です

 領収書はガソリン代、高速代、飲食代、手数料、外注費など同じ種類のものに分けて、月ごとにまとめていただき左上をホチキスでとめて、送付していただきます。

 ノートなどに貼り付けていただきましても結構です。

 銀行から振り込んだもので領収書があるときは、その領収書は送付しないか、その領収書に銀行振り込みとメモをお願いします。銀行振込は通帳から記帳しますので、領収書があると2重記帳になってしまうためです。

 飲食店の方など現金の食材仕入れが多い方は、食材仕入れだけをキャンパスノートにホチキスで貼り付けていただくとスムーズです。ノート見開きに日付を入れて、1日分の食材仕入れの現金支払いの領収書をまとめてホチキス止めします。そして、その日の売り上げをその見開きのノートに書き込めば売り上げと仕入れが対比できます。(必要でしたら弊社にエクセルの毎日の粗利状況がわかるシートがありますので無料でご提供いたします。)

2 通帳・当座のコピー・CSVデータなど

 通帳には、振り込まれたものに売上、振込支払は外注費・広告費・交通費・給与など、振込による入金と振込による支払に内容のわかるように鉛筆で書き込みをしていただきます。

 お支払するために10万円を引き出して10万円を取引先に支払ったときは、現金支払いの領収書から記帳しますので、通帳は現金引き出しになります。よって通帳へのメモは結構です。

 通帳の取引で売上高に相殺取引があるものや立替金があるものなどは、メモをしたうえでその内容がわかる資料の送付もお願いします。

 ほかに、こちらで用意してありますエクセルデータに通帳の内容をご入力いただくか、インターネットバンキングをご利用の場合、取引明細をCSVデータでダウンロード後、取引のメモを入力または別途メモをしていただく方法もございます。

 カードによる支払については別に記載します。

3 売上高のわかるもの

 振込での売上は通帳のメモでわかります。現金売上があるときは、ノートに現金売上の一覧表をつけていただき、送付をお願いします。相手先と金額と内容があれば結構です。もし面倒なときは現金売上の領収書つづりをいただけましたら、そこから私どもで記帳いたします。

 小切手売上があるときは、現金売上とは別に小切手売上一覧表をノートにつけていただきます。

 受取手形があるときは、受取手形を記帳するノートが文房具店にありますのでそれを購入していただきつけていただきます。

 売上は、現金・振込・小切手・手形・相殺以外にありませんので、上記で売上のすべてがもれなくなります。

 売上金額が相殺されて振り込まれることがあるときは、相殺など内訳のわかる明細書のご送付お願いします。建設業などでは現場の仕入や安全協力会が相殺されたり、賃貸業では管理手数料が相殺されて振り込まれたり、ネット販売では在庫の管理や手数料が相殺されて振り込まれる場合があります。このような場合や消費税が簡易課税のときなど、建設業など一式請負か人工出しかで簡易課税の事業種類が変わりますので、そのようなときも内訳のわかるものをいただきます。

4 車を買ったときは、明細のわかる計算書のコピー

 車を購入したときは、本体価格、税金、保険料、下取り車や付属品などの記載のある明細書をご送付ください。

 また車検証も必要になります。特に新車で貨物などの場合は車検証で判断することになります。そして特別償却や税額控除などの判断にも使用します。

 車検証の所有者が社長個人名で実際は会社が使っていると言ことが良くありますが、売買契約書を作り個人から所有者を会社に移すか会社がリースするかになります。売買契約書の簡単なひな型は当事務所でご用意しています。売買契約書と言っても社長個人と会社の契約書ですので1人で決定できるので簡単なものです。

5 借入れをしたときは、借入れの計算書と返済一覧表

 借入れをしたときは、保証料や借入時の手形代金、手数料、用紙代などのわかる計算書と元本と利息がわかる借入れの返済表一覧をご送付ください。

6 リースをしたときはリースの契約書

 リースのほとんどは中途解約不可のファイナンスリース契約になるかと思いますが、その内容を確認するためリースの契約書の送付をお願いします。

7 事務所を賃貸した時などは、賃貸借契約書などのコピー

 事務所などを借りたときは、賃貸借契約書と敷金・礼金・仲介手数料などの内訳が分かるもののご送付をお願いいたします。

8 クレジットカードの支払について

 クレジットカードで支払ったときは次のものをご用意ください。

 @領収書や領収書にかわるものがあるときはその領収書等

 (ネット購入などのとき領収書でなく納品書という形で用紙が送られてくることがあります。その場合にはその納品書などにカード支払と記入してください)

 Aカード支払で領収書がでないもので、かつ会社の事業経費となるものは

  カード一覧表に丸印で囲んでいただきます。

 カード支払で領収書があるものは領収書で入力し、ないものは一覧表から入力します。ダブりがなく、もれがない形にしたいという方法です。

9 請求金額を現金で振り込んだ場合

 通帳から直接取引先に振り込んでいるときは、通帳にその内容がのりますので、通帳から記帳しますから振込票は送付いただかなくても結構です。会社で保管してください。

 例えば通帳から2万円を引き出して、現金2万円でATMから取引先に振り込んだときは、領収書がありませんので振込票をいただきます。取引先から2万円支払いの請求書がきたので、2万円の現金をもってATMから振り込んだときは、請求書にその振込票をホチキス止めして現金振込とメモしてください。

▲このページのトップに戻る