電子定款を作ることですが、専門家に任せる方が安いです!

 会社設立には登録免許税15万円、公証人手数料5万円+2千円、定款認証4万円が最低でかかりますが、電子定款を使うと印紙代4万円がかからなくなります。しかしアクロバットやカードリーダーと面倒なインストールをしなければ電子定款を使用することができません。アクロバットは普通に買うと2万円くらいします。ネットで新品の中古を買っても1万円以上します。1度だけの電子定款のためにアクロバットをかってカードリーダーなどをそろえるのは割に合いません。

 電子定款をつかっている専門家に任せた方が安くなると思います。なかには電子定款をしていない行政書士もいるようです。ある公証人役場では半分くらいの方が紙で定款をつくっているとのことです。このうち半分は本人が作っているとしても行政書士などにもまだ電子定款に対応していない方もいるようです。

 安いと言えば電子定款作成サービスもあるのですが、会社を作るときに必要な税務の相談ができません。会社設立前の準備として弊社では電子定款0円、会社設立前の税理士の税務相談と労務相談がセットでついています。

▲このページのトップに戻る