では専門家のうち司法書士、行政書士、税理士だれが安いか

 これは間違いなく税理士です。なぜかというと税理士は会社設立後の経理を契約できるからです。行政書士などで赤字で会社設立をしている方を見かけますが、バックに税理士がいて紹介手数料を支払っているものと思います。司法書士は会社設立後に会社とのお付き合いはないと思いますので、安くすることができません。たぶん一番高くなると思います。行政書士は会社設立と許可を抱き合わせで受けられるため本来なら少し安くできると考えられますが、単発のためそれほど低料金ではできないようです。

 税理士は会社設立後に経理の仕事をさせてもらえるので、会社設立を手数料無料でできます。私などは赤字でしています。私どもと他の会計事務所との違いは、同じ赤字で会社設立をしたとしても、そのあと高いか通常料金になることです。もしくは1期目だけと限定することです。

 弊社は料金表を明示し1期目だけというやり方でなくずっと低料金を継続する方法をとっています。よって全体の費用を安くするのでしたら、弊社で会社設立をすることをご検討いただけましたらと思います。

▲このページのトップに戻る